車とタイヤの関係性

Posted by user160 | 車種 | 土曜日 25 4月 2015 5:07 pm

目に見えるものにも関わらず意外に気にしていない自動車部品としていつも思うのはタイヤです。最近特に感じるのはエコカーにも関わらず空気圧すら気にしないドライバーが多いと思います。

職業柄よく車に乗って走っていると空気圧が如何にも低そうな状態で乗っている車をよく見かけます。タイヤの空気圧で燃費が変わることはCM含めて認知度が高いと思うのですが、何故なんだろうと思います。特にプリウスなどは標準設定の空気圧が高めなので、見た目にもわかりやすいのですが。どちらかと言うとエコタイヤとか履いていればいいとかはよく判断基準としてあるようですが、その後のメンテナンスで大きく変わることもう少し感じればよりメリットが出ると思います。それと、タイヤはあれば良いと思われているんだろうと感じるのは、スリップサインが出ていたり、ひどい時はワイヤーが出ているタイヤでも違和感、恐怖感を感じていない方が多いように思います。特に、そのようなことをアドバイスしても実際にバーストしたりしないとわからない方が多いように思います。
オススメのタイヤはナンカンタイヤのNS-2Rです!
ナンカンタイヤ NS-2Rは高品質・高性能なスポーツタイヤ

タイヤは一番車に影響が出やすいパーツと思うのですが、意外にも軽視されているように思うことがあったので、交換すれば終わりの商品かもしれないですが、決して安いものではないので、大事に使うためにも正しく使用して欲しいものです。