買取契約のキャンセル  

Posted by | 査定額 | 金曜日 18 12月 2015 11:47 pm

車買取店での車売却の契約を交わしてしまったが、他の業者で20万円も高く買い取ってくれるという話が来ましたので、契約を解除したい。という話を聞いたことがありますが、そのような場合に契約は解除できるのでしょうか。
商法によれば売買契約というものは、契約書に記入してハンコを押さなければ、有効にならないかということですが、売買契約の合法的な成立は、売買契約書が無くても成立します。
時々、判を押していない・手付金を払っていないなどで「契約は成立していない」と考えている方がいますがね。
法律では「売ります」「買います」と、双方の意思表示が合致すれば契約成立とみなします。
そのようなことが起こった場合に備えて、契約書には、詳しく書かれている場合があります。
たとえば、ガリバーの契約書の場合は、「車の引渡し日の翌日までは一切の負担なく契約を解除できる」とあります。から床に問題なく解約することができるでしょう。
ただし、若干の違約金(契約書に記載)を払う事で、キャンセルが可能です。
もし、色々と納車準備(整備・車検・車庫証明手続きなど)を行っていれば「その実費も支払う義務」が発生しますよ。
キャンセル料は、納車準備にかかった経費以上の額は請求されません。
契約から2・3日程度だと、キャンセル料も不要という可能性もありますから、良く契約書を確認して、なるべく早く買い取り先に買取先に連絡を入れることが必要です。
いずれにしても、どんな契約をする場合でも、契約書はよく読んで納得してから、サインすることをおススメします。