今はネットで売買が主流なのかな、昔は個人でね。

Posted by | 査定額,車買取査定 | 木曜日 24 12月 2015 7:40 pm

昔から、日本でも自動車を個人売買していました。そのころの交流や情報は雑誌でしたね。自動車雑誌の後の方に数ページにわたって、いろいろ載ってましたね。国産車、輸入車、各種パーツ、雑誌などなど。意外とそのページを隈無く見る、読むのが楽しくて好きでしたね。写真も白黒の1点だけ。今のように、デジカメで何枚もみたいな感覚ではなくて、ちょっとぼけた様な写真のみ。あとは、文字で判断をまずするようなこと。
写真と内容を読んで、想像するのが楽しみでしたよ。
そうか、今では、オークションとかもあるしね。旧車はそういう売買サイトもあるし。実用車はそれはそれで専門サイトあるしね。でも、情報量が今の方が圧倒的にあるので、最初の見ただけで判断できてしまうのも事実。
車の売却の相場が知りたいとき、今はネットを活用が主流のようですね。車だけだなく、家電や雑貨も、ネットならすぐ相場がわかりますよね。
昔のように、いざ勇気を振り絞って、とりあえず電話してみるなど、どきどき感というのはないですね。まぁ、その分、嫌な思いをして取引することも少なくなっているのも事実なのでしょう。特に、外車関係は、なかなか当時は中古車専門店もなかったので、個人売買が主流だったようにも思えますね。
車売却査定