高速道路

Posted by user046 | 車買取査定 | 日曜日 27 3月 2016 4:45 pm

高速道路の最高時速が120キロになると、警察庁が24日に発表した。新年度以降、まずは岩手県と静岡県の高速道路を110キロで試行する。1963年に国内で初めて名神高速道路が開通した時から、規制速度は最高時速100キロだった。

規制速度の引き上げは初めてのことだが、なぜ100キロになったかは資料が残っておらずわからないそう。では、なぜ見直すのか。高速道路は整備され、新東名のように、車道や路肩が広く、カーブや勾配も少なく、安全に走れる造りの道路ができた。また、警察庁の説明では、安全とされる道では大半の車が規制速度を超えているとし、有識者を集めた懇談会でも見直しを検討するよう求めていた。ただ、心配する声も上がっている。速度が速いと重大な事故につながる、追い越しなどで加速する機会が増え、接触の危険性が高まるのではなど。ちなみに、欧州諸国で高速道路での死亡事故が少ない国を見てみると、120キロ、130キロなどとなっているし、ドイツには規制速度が原則なかった。
車下取り